2016年6月14日
青森県弘前市にある
大石神社に行って来ました。
14-大石神社 (1)

大きな石と大きな男の象徴・・・
スポンサーリンク
ここは大石神社の下宮

入口には大石神社と書かれた
石碑が沢山あります。
14-大石神社 (2)

掲示板の様な所には
様々な写真が掲載。
14-大石神社 (3)

雪かきをしているお爺さん。
14-大石神社 (4)

社殿には国旗。
14-大石神社 (5)

大きな松も生えています。
14-大石神社 (6)

根本や周りには様々な石碑や
庚申塔などがあります。
14-大石神社 (7)
14-大石神社 (8)
14-大石神社 (9)

“大石神社”
14-大石神社 (10)

社殿の裏手にも石碑がありました。
14-大石神社 (11)

隣には小さな祠が2つ。
14-大石神社 (12)

手前の燈篭(右)には女神様?
14-大石神社 (13)

左の燈篭には燭台?
14-大石神社 (14)

軒下には不思議な絵がありました。
14-大石神社 (15)

よく見ると“東照宮”などと書かれています。
14-大石神社 (16)

大名行列の様な絵も描いてあります。
14-大石神社 (17)

他にも七福神のお二人の面や、
14-大石神社 (18)

馬のレリーフ?
14-大石神社 (19)

もう一つの祠はブロックで造られており、
施錠されていたので中は見れませんでした。
14-大石神社 (20)

下宮の場所はこちら


続いては大石神社の中宮
ここは先程よりだいぶ小さな神社です。
14-大石神社 (21)

ここも“大石神社”と書かれた石碑が沢山。
14-大石神社 (22)

少し変わった狛犬。
左側は小さな犬?に前足を上げています。
14-大石神社 (23)

右側の狛犬は蹴鞠中でしょうか?
14-大石神社 (24)

ここの本殿もブロックで出来ており、
施錠されていたので中は見れませんでした。
14-大石神社 (25)

中宮の場所はこちら



では最終ステージである上宮
先程とは比べ物にならない程大きな鳥居!!
扁額には“大石大神”と“赤倉大神”
14-大石神社 (26)

この道を右手に進むと“赤倉大神”へ
行く事が出来ます。
今回は大石神社に用事があるので直進します。
14-大石神社 (27)

ここから先は様々な霊場があり、
案内板には複数のお堂の場所が記してあります。
14-大石神社 (28)

先程訪れた大石神社の下宮と中宮も書かれています。
14-大石神社 (29)

もう一つの大きな鳥居には
緑色の大きな昇り龍
14-大石神社 (30)

橙色の大きな降り龍が居ました。
※以前(3年程前)は無かったので
比較的最近になって出来たようです。
14-大石神社 (31)

沢山の鳥居がパワースポット感満載です。
※この鳥居もここ数年で増えたようです。
14-大石神社 (32)

ここも大石神社と書かれた石碑が沢山。
14-大石神社 (33)

手前の石燈籠も以前はありませんでした。
14-大石神社 (34)

更に畳み掛ける様に大石神社の石碑(笑)
それだけ多くの人に信仰されているのでしょう。
14-大石神社 (35)
14-大石神社 (36)
14-大石神社 (37)

拝殿に向かいます。
14-大石神社 (38)

下宮と同じ様な扁額です。
シャッターが降りてあり中は見れませんでした。
というか拝殿にシャッターがある神社は
今まで見たことが無いような・・・(笑)
14-大石神社 (39)

お守りが欲しい方はこちらの方へ
名前だけ書かれても・・・(笑)
きっと地元の名士なのでしょう。
14-大石神社 (40)

拝殿の脇には拝殿と同じ位の大きさの建物。
以前例大祭に来た時にカラオケ大会があり、
ここがステージになっていました。
14-大石神社 (41)

拝殿の右側に周ると小さな祠が沢山あり、
中には小さなお馬さんが居ました。
14-大石神社 (42)
14-大石神社 (43)

更に奥に進むと大石神社の
御神木である“五本杉”があります。
14-大石神社 (44)

よく見ると少し変わった生え方ですね。
14-大石神社 (45)

上を見ると真っ直ぐに伸びる
幹?が5本確認出来ました。
14-大石神社 (46)

拝殿の裏側にある本殿には
一対の狛犬と・・・
14-大石神社 (47)

獅子舞の頭がありました。
14-大石神社 (48)

その後ろ側には“大石様”
14-大石神社 (49)

下には石で出来た扁額。
14-大石神社 (50)

拝殿の左側から奥に進むと
“龍神御鎮座所”があります。
※“所”という文字はフレームアウトしました。
14-大石神社 (51)

足下には不思議な形の石。
どうやら岩木山の登山道を示すものらしいです。
14-大石神社 (52)

足下には他にも朽ちた梯子がありました。
龍神御鎮座所へはこれを降りる必要が・・・
相棒の“のりじ氏”と来ているのですが、
相棒にはここで待機してもらい、
私一人で先に進みます。
14-大石神社 (53)

何とか降りて森の中を進みます。
ゴツゴツした石ばかりで歩き難いです。
14-大石神社 (54)

奥に進むと綺麗な渓流が見えて来ました。
14-大石神社 (55)

手を入れてみるととても冷たいです。
これ以上一人で進むのは
無理そうなので引き返します。
(熊が出たら大変ですし)
14-大石神社 (56)

拝殿の左側にも沢山のお馬さん。
14-大石神社 (57)

中には騎乗したものもあります。
14-大石神社 (58)

そして境内の大きな松には
大石神社で一際注目を集める
“男の象徴”
す、凄く大きいです・・・
14-大石神社 (59)

根本には“賽銭箱”と書かれた
“男の象徴”
賽銭を入れる穴はハートマークにも見えました。
14-大石神社 (60)

“男の象徴”は“軸”が木製で
それに付随する“2つの球体の格納庫”は
鈴になっています。
鈴には紐が付いており
鳴らす事も出来ます。
※紐が長いので紐を大きく振る必要あり。
14-大石神社 (61)

境内の中央付近には他にも祠があり、
ここには湧水があります。
14-大石神社 (62)

石碑には龍に乗った女神様
14-大石神社 (63)
14-大石神社 (64)

先程の渓流の水より冷たく感じます。
軟らかい味でとても美味しいです。
14-大石神社 (65)
ポリタンクや大きなペットボトルを
いくつも持って水を汲みに来る人を見かけます。
噂によるとここの水は一週間は腐らないとか。

ここから見る景色も綺麗で、
天気が良いととても気持ちが良いです。
14-大石神社 (66)

この日は曇天でしたが、
五所川原のドームやELMも見えました。
14-大石神社 (67)

ここ大石神社(上宮)は
創建1200年以上の歴史があり、
現在の様な形になったのは
江戸中期だそうです。
毎年旧暦七月十日が例大祭で、
安産、縁結び、農耕などの神様が
奉られています。

男の象徴が奉られていたのは
こういう事だったのです。

また下宮、中宮、上宮と
3つの社殿があることや、
沢山奉納されている
馬や石碑からもわかるように、
大変多くの人に信仰されているのが
伝わって来ます。

まだ大祭に行った事がないので
今年はぜひ行ってみたいです。

場所はこちら